ドキドキ感があったパチンコの一発台

Posted on by janjari

パチンコには様々な機種があります。平台と呼ばれる、機械仕掛けのような機種が好きな人もいれば、デジタルパチンコが好きな人もいます。

あの777とかが揃う時の快感はわかりますよね。776かと思ったら、最後の最後で777に変化したりして、その時の興奮と言ったら言葉で言い表せないものがあります。

その興奮が一番高いのが一発台という機種でした。最近はあまりみかけなくなりましたが、私は昔、かなりはまった機種です。

どんな機種かというと、まずはデジタルパチンコのように、スタートの穴に球を入れて、デジタル画面を回します。そして777だったり333が揃うのを待ちます。

この数字が揃ったら、パカッと中央にある仕掛けのフタが空きます。そこにタイミングよく球が入ったら、いよいよ一発台のドキドキが始まります。

デジタルが揃う事もタイミングよく球が入ることも稀で、10分に一回あればいいくらいです。

しかし入ったあともなかなか難しくて、7個くらい空いた落とし穴のうちのひとつに球が落ちれば大当たりみたいな感じです。

大当たりすれば出玉がどの機種よりも多かったので、ものすごくわくわくしました。